有田焼とは

日本の九州地方の北西部に位置する
日本で初めての磁器の焼造が始まった地
1616年、有田・肥前の地に朝鮮陶工達の一人、
李参平が有田で日本初めての磁器の製造を始める。
中国の景徳鎮から染付けの絵を学び、朝鮮からは白磁を学んだ。
そして、今日、日本が誇るハイクオリティーな磁器が世界に出荷されている。

こだわりの土

400年前に発見された泉山陶石から時を経て、
江戸中期から使用されている、
熊本県天草でとれる最高品質の天草陶石を100%使用
これを、昔と変わらずスタンパー粉砕方式にて作る事により、
極め細かい純粋な白磁が出来上がる。

最先端の形成

今まで有田焼で培われた技術を独自にアレンジして、
唯一の製造法にて誰にも真似できない形を作り出すことを可能に。
最先端の技術を使って特殊形成を行っている。

焼成

還元焼成と呼ばれる、有田焼の伝統的な焼成方法で
1300℃以上の高温で、一昼夜かけて焼き上げる。

日本酒を、より美味しく飲む為に作られた日本酒専用グラス。
お米をイメージしたフォルムは日本酒の香が引き立つように設計されている。
足へのこだわりは、いかに上品に磁器で表現できるか。
わずか 6㎜の細さに挑戦し続けた。
そして、有田焼の強度を兼ね備えた日本酒専用グラスがついに完成した。

最大径 Φ80mm  口径Φ52mm
高さ 228mm  重さ 190g
素材 : 磁器

18,000円 (税抜)    button